丸紅:幻の収益

会計監査人は、同社の第三四半期の収益を見直し、2016年3月期通期の収益を300億円に削減する見込み。丸紅は、商品及びその他の分野における減損計上により16年通期の純利益見通しを1800億円から600億円に下方修正した。我々は、更に深刻な減損計上が将来発生すると考えており、この見方は同社をカバーするアナリストや日経によっても支持されている。現時点での証拠のみに基づいても、丸紅の16年通期の純利益は300億円を上回らない。

ブラウザからご確認いただく場合はこちらからご覧ください。

丸紅の研究

PDFでご確認いただく場合はこちらのリンクからご覧ください。

[media-downloader media_id=”278″ texts=”丸紅の研究”]