株式会社アエリア(3758): 非現実の数字の上で漂う

要約

アエリアは、モバイルゲームでたった1つのヒット作を有するのみだが、第三者の業界調査会社のデータによれば、当該ゲームのダウンロード数は同社による度重なる公表値より遥かに少ない。

当該ゲーム以外に同社に近い将来ヒットが期待できる作品はなく、過去3年間のM&Aの実績も失敗続きである。更に悪いことに、大半のM&Aは株式交換や新株予約権を駆使しており、株主は希薄化のリスクに直面している。同社は高く吊り上げた株価を維持しなければならないが、収益もキャッシュフローも改善の見込みは薄い。

最近になって同社は、規制当局に不適正行為について罰金等を受けた顧客企業を有する小規模な監査法人に変更した。

我々はアエリアの適正株価を465円、即ち70%超の下落余地があると評価する。

レポート全文をブラウザからご確認いただく場合はこちらからご覧ください。

アエリアのレポート

PDFでご確認いただく場合はこちらのリンクからご覧ください。

[media-downloader media_id=”731″ texts=”アエリアのレポート”]

※免責条項をご参照下さい