SMC (6273): 財務諸表は疑問を抱かせる、SMCはまだ答えに詰まっている

SMC(以下:当社)から発表された12月13日、14日の反論は、我々が本レポートの中で提起した重大な疑念に対して未だ殆ど回答していない。簡潔にまとめれば、「会計処理に問題はない」としただけで、証拠は何も提示されていない。清陽監査法人についても、1987年より続いている関係という事以上の説明はなさそうだ。我々だけでなく、市場関係者は、以下の重大な問題点に対し、SMCによる定量的に立証された回答を待ち望んでいるはずである。

  1. TONファイナンスによる株式の担保設定について 当該担保設定は、奇妙なまでにインドのSatyam社のケース(Satyam社の会長が自社への資金融通の為に株式に担保設定した)に類似している様に見える。
    1. なぜ保有株に担保設定されたのか、そしてその資金はどこへ行ったのか?
    2. なぜオランダ当局への報告内容と日本への報告内容には、「株数」と「時期」の双方において相違が発生したのか?
    3. どちらが真実なのか?
    4. 事務上の連絡先として2009年1月28日のEDINET提出書類に名前が記載されているりそな銀行、矢島一匡氏の役割はどのようなものか?
  1. 現預金について 我々には、日本と中国を除く利息収入がマイナスになっている事が決定的な証拠に映る。SMCは、存在の疑われている現預金が北米、香港、台湾、ブラジルなど主要な連結子会社に実在していると反論しているが、レポートにも記したように、それだけの現預金の金額がいずれかの連結子会社に存在しているとは考えにくい。
    1. 現預金を確認する事は容易なはずである。主要連結子会社の現預金の存在を証明する書類を開示されたい。
    2. また、シンガポールのような、14日以下という異常な早さで会計監査が終了し、かつ監査法人の幹部(現在は退任)と現地法人の秘書が婚姻関係にあるという重大な利益相反を抱える地域において、発表されている490億円近い多額の現預金(2013年度は410億円)の存在を投資家は信用することができるであろうか?
    3. 存在すると言われている現預金の中でも、SMCの北京製造子会社にも240億円弱(2013年度)の特に大きな現預金があるとされているが、こちらの現法の主な取引先が日本であるのであれば、なぜ機動的に現金を持ち出せない中国に現預金を滞留させるという選択をしているのか。

….

ブラウザからご確認いただく場合はこちらからご覧ください。

SMCのレポート

PDFでご確認いただく場合はこちらのリンクからご覧ください。

SMCのレポート