Jig-Saw (3914): とても「不可解な」株式

ジグソー(現在名Jig-Saw)の株価は熱狂しており、売上高目標が達成できなかったにもかかわらず、1年前のIPOから800パーセント以上も上昇している。この会社がハイテク企業であるという特徴はなく、設備投資も研究開発もなく、従業員の賃金は信じられないほどに低い。会社の事業や戦略は、当業界の専門家には全く不可解である。会社の「提携先」はJig-Sawを認識していない。会社が公表している唯一の目標は望ましい時価総額である。株価はいかなる測定基準においてもばかげている。会計実務は警告を促している。 そそて、Jig-Sawの経営陣や大株主が株式を売却しているなら…. 普通の株主は何をするべきだろうか? ブラウザからご確認いただく場合はこちらからご覧ください。 ジグソーのレポート PDFでご確認いただく場合はこちらのリンクからご覧ください。 [media-downloader media_id=”321″ texts=”ジグソーのレポート”]

Read more

ジグソー株 (3914): ハイテク産業の模倣

ジグソーは、過去2年間に流行した投資テーマの全てに関与してきた最先端のテクノロジー企業であると主張している。その活動範囲の広さは驚異的だ!(自動検知・自動制御、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ブロックチェーンなどを開発に取り組んでいると主張している) 同社は、ちょうど1年前のIPO以降、これらの業界用語を並べた曖昧なプレス・リリースを、60以上も出してきた。IPO以来、同社の株価は1,500%上昇している! もっとも、同社の決算書は別の事実を物語る。そして、重要なのは、ジグソーの内部者の多くが、同社の株式を投げ売りしていることだ!彼らは、一般の投資家が知らない何を知っているのだろう? ブラウザからご確認いただく場合はこちらからご覧ください。 ジグソーのレポート PDFでご確認いただく場合はこちらのリンクからご覧ください。 [media-downloader media_id=”301″ texts=”ジグソーのレポート”]

Read more